新着情報

神道(しんとう)

節分の日が過ぎて、本格的に2015年の年回りになりました。旧暦で新年を迎えれる方はもう少し後のようですが^^日本の節分が終われば
いよいよ 春が始まり1年の始まりと感じる方もすくなくありません。
ここ2.3年の番組で、よくスピリットパワーに行こう!!や、特集が組まれる番組をみるようになりました。そのおかげで 私のところへ神社?ってなんだろう。。?と いう質問がお客様の中でよく質問されます。そもそも神社には3つの分類があります。
まず1つ目は、自然崇拝を祭られる神社 2つ目は天皇系である人が神様になって祭られる神社です。そして、インドからきた外国の神様を、日本国名に変換されて祭られている神社とあります。その中で、天界側の神様 地上界の神様 と 複雑にいるくんでいます。
神社へ行ったら?まず?何を?するの?^^と聞かれます。そもそも神社は神様のお墓でもあり、そこへ留まられてた場所でもあります。又は降臨された場所ともいえます。そして、その時代の飢饉を守るため結界を張った場所でもあります。
日本の国ほど、全国津々浦々に小さい神社から大きい神社まで様々ですが、私たち日本人ほど生まれてからずっと普通のように神社を眼にして心身ともに根付いている場所でもあります。
神道の世界観は一言では言い表せないほどの、論議が繰り返していて、その人の価値観や思い思いがあるのですが、
私が感じる神道は、『心を整理する場所』と思っています。そして心こそが神様の居場所と感じています。
普段の私たちの日常の心こそに、神様がいつもおられています。神社はその心にいる神様が宿っていた帰る場所と感じています。

最初にお話ししましたが、ある神様だと お墓でもある訳です。お墓参りの際には皆さまは?どの趣で?亡くなった方への墓前へ
語りかけますか?^^服装も礼装で行かれる方もいらしゃいます。神社へは『敬意を払う』です。生かされている事に感謝する場所であります。そして、ありのままの自分の心や考え方の問い?を聞いてもらう場所でもあります。その中で各それぞれの神社での作法があって、それに従い鳥居をくぐれるわけであります。あまり、作法ができないから自分は無理なんじゃないか とか?^^心が清らかではないから行けない とか?^^そう思ってる方もいましたが、自分の間違えや 当たり前の事柄を普段からしていない罪悪感を気づかせる事も神道を通じて、本来の自分の心を向き合わせる為でもあります。自分の事柄や家族の事 何か?思いがあって足を運ばれるとき。。。胸に手を当てた時、お願いをする前に^^今までの心のおもむきに、神様へ懺悔をしてから^^お願い事を聞いてもらえるかもしれませんね^^。
朝日が昇る日の光に感謝し、月夜に光る癒される事に感謝し、海のもの山のものと食ができる事に感謝し、この世は1人では生きられるものではないことを わかっているけれど。。。^^改めて神様へ『ありがとう』へ唯一言える場所が神社であり『神道』の基本です。

<<戻る

Information

Spiritual SHION
和歌山県和歌山市
和歌山でお悩み相談や占い等何かお困り事がありましたら【Spiritual SHION】にお任せ下さい。
営業時間 11:00~23:00(年中無休)
  • 073-471-7808
  • mailでお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせは24時間受付中です

facebook

ページの先頭へ